TOPページ 本園の紹介 本園の特徴 行事予定 Q&A リンク集
本園の特徴
保育時間
昼食
園での過ごし方
専門講師による指導
保育時間
一日保育日 8:50〜14:00
月〜金曜日
短縮保育日 8:50〜11:10 4月当初と夏休み前後等
月1回のお誕生日会のみ短縮保育(8:50〜11:10)
※ 短縮保育はその他行事の前日及び、学期の初め等、1年に数回あります。
延長保育
一日保育日(18:00まで)
短縮保育日(13:00まで)
常時延長保育または、その日の降園時までに伝えて頂ければ、いつでも延長保育を致します。
 
昼食
給 食
月・火・水・金曜日 米飯とおかず
(子供たちに大人気のカレーの日もあります)
牛乳
(学校給食の牛乳が抵抗なく飲めるように、月1・2回おやつとして飲みます)
お弁当(ママの日)
木曜日 お家よりお弁当持参
 
園での過ごし方
当園はとても広い運動場を有しています。毎日、思いっきり手足を動かして走り廻る事は知能の伸びる幼児期には、最も脳の発達を高め、心身共に健康を助長することから戸外遊びを中心にしています。
かごめかごめ等の伝承遊びを取り入れると共に、固定遊具を豊富に揃えたプレイランドで遊んだり、また、少子化社会の子供たちは、異年齢の子供との集団遊びが少ないので、違う学年とクラス単位で遊ぶ機会も設けております。
泥んこ遊び
心身の健やかな発達を促す為、屋上の泥んこ遊び場で抗菌砂を使って素足で遊びます。
工作・製作
脳の発達を高める為に手先を使ったものづくりを行います。
雨の日遊び
保育室でのゲーム遊びや遊戯室でのボーリング、また、大きな大きな紙に絵を描いたり、それぞれに担任が、工夫をこらしています。
菜 園
年長児は、菜園において一年を通じ野菜の栽培を、そして、秋にはガーデニングを体験します。
体力づくり
冬期には、広い運動場でなわとびとマラソンを取り入れて、園児の体力づくりを図ります。
自由遊び
園児達に好きな遊びを選択させる遊びです。 
 
絵本の読み聞かせとストーリーテリング(素話)
小学校の学級崩壊の対策として、各保育室で絵本を読み聞かせたり、遊戯室において保育者がストーリーテリングを行い全体で聞く等心の教育に力を入れています。
上記以外にも、子どもの発達や季節に応じて様々な楽しい経験となるよう、日常の保育カリキュラムを立てています。例えば、年長児のサンドイッチ作りやホットドッグ作り、秋には、仮装等のハロウィン遊び、移動動物園による動物とのふれあい等楽しい一日を過ごします。
トイレットトレーニングが完了していない場合、オムツで通園して頂いても構いません。
 
専門講師による指導
体育(体育大学卒)・リトミック(音楽大学卒)・英語(外国人講師)
これらは、幼児期に取り入れる事が最も望ましく、厳選したスペシャリストによって、遊びの中でお友達と一緒に楽しく学びます。
幼児の習い事としても人気がありますが、当園では保育に組み入れていますからわざわざお家の方で習いに行って頂く事もありません。又、お勉強ではありません。
費用は全て、保育料に含まれております。
各専門講師よりのメッセージ
『元気ですかー!』 体育文化指導協会
幼児期には、著しく神経回路が形成されます。
身体にたくさん張り巡らされた神経を『飛んだり・跳ねたり・回ったり』と、マット・とび箱・鉄棒などのいろいろな運動を通してつないで行く「身体的」な側面。鬼ごっこやボール運動で、思い切り走り回ることによって満たされる運動欲求。『先生!なわとびとべる様になったよー!』という達成感。『○○ちゃん、がんばれー!』という仲間意識。などの「神経的」側面。
これらの両面を楽しい雰囲気の中で活動する事により、心身共に健康な子どもに育ってくれる事を目的として体育遊びを行っています。
『リトミックでこんにちは』 リトミック研究センター
リトミックは、園児の皆さんにとって「たのしいおんがくあそびのひろば」。
毎回たくさんのお友達と大好きな音楽で遊んでいます。
とんだり、はねたり、手をつないで歩いたり、せっせっせをしたりして体中で音楽を吸収し、表現する楽しさ一杯の広場です。
今、目の前の事だけにとらわれる事なく、子どもが将来必要となるであろうと考えられる事に向かって、音楽の基礎能力をしっかりと身につけると共に、精神的、知的成長に欠かせない社会性や感受性、そして、想像力や共感度を高めていくのがリトミックの真のねらいです。
『ハロー』 ワールド学院
「国際理解教育の出発点」どの子どもにも能力を伸ばせる可能性があります。幼児期より英語を始めた子どもは、英語を話す脳の働きやリズムを習得していくので、よりネイティブに近い発音で英語を英語らしく発音できます。
楽しく英語を学べる様ワールド学院では、耳から触れる母国語方式(日本語と同じ様に触れる環境を作る事)にてレッスンを行い、その中での遊びのルールやゲームを通して、協調性やコミュニケーション力のある人間性豊かな人格に成長していける様工夫しています。また、ハロウィンやクリスマスなどのイベントも沢山取り入れ、季節ごとに楽しい体験が出来ます。子ども達に楽しく感じて頂き、そして沢山の事を吸収して頂ける様カリキュラムも進めてまいります。
『楽しい経験で脳は育つ』 数と形指導
「やったー!完成!!」と目を輝かせて喜ぶ子ども達。子どもの本性(興味・欲求)を利用し、 楽しい数遊び・形遊びを通して集中力・持続力・思考意欲を育てます。 失敗を豊かな経験と捉え、最後まで頑張ろうとする意欲が回転のいい頭を育て、 やがて学ぶ基礎へと繋がっていきます。無限の可能性を持った個性豊かな子ども達の知的好奇心に合わせて楽しく遊べる工夫をし、自由な発想や感性を楽しみながら柔軟な思考力を育みます。 そして、あたたかくアドバイスを与え、もっと挑戦したいと思う気持ちや達成感を味わいながら、 いろいろな方向から遊びを経験します。